面接の知識をマスターする

きちんと伝わる声の大きさで受け答えしよう

フリーターから正社員へとステップアップするには求人に応募後、書類選考や面接を突破しなければなりません。一般的に書類選考の後に行われているのは面接です。面接での評価は採否に大きく影響することから、アピールできるようにしましょう。 そのためには面接の知識をマスターする必要があります。面接の知識としてマスターしたいことは、きちんと伝わる声の大きさで受け答えすることです。雰囲気に慣れていなかったり、経験回数が少なかったりする場合、面接の際に緊張する可能性があります。すると、普段よりも小さい声になってしまい、面接官が聞き取り辛くなります。また、自信がない印象を与えることもあるので、緊張していたとしても伝わる声の大きさを意識すべきです。

最後まで気を抜かないことが大事

緊張した状態で面接がスタートしたとしても、時間の経過と共に少しずつ場所や面接官の雰囲気に慣れ始めると落ち着いていきます。すると、徐々に普段通りの自分を出せるようになり、アピールしやすくなるでしょう。 しかし、注意したいのは最後まで気を抜かないことです。緊張から落ち着いてしまうと気が抜けることがあります。たとえば、受け答えが雑になったり、座っている時の姿勢が悪くなったりなど、言葉や態度に油断が表れていることを面接官に悟られてしまうと、評価を落とす原因になります。ですから、面接の知識として気持ちが落ち着いたとしても、気を抜かないように心掛けるべきです。フリーターから正社員になりたいのであれば、面接の知識を活用することが大切です。