今までのアルバイトの経験を活かすことができる仕事を選択

フリーターの経験を活かそう

安定した生活や社会的な信用を重視するならフリーターよりも正社員をおすすめします。仕事での責任が重くなったり、やるべき仕事の難易度が高くなったりしますが、収入面や社会的な信用の面に関しては満足できるでしょう。 フリーターから正社員の仕事を見つける場合、どのような業種や職種の企業を目指すかによって難易度が変わります。最も難易度が高いのは未経験の業種や職種の企業に採用されることです。一方で最も難易度が低いのは、フリーターの経験を活かせる業種や職種の企業を目指すことです。非正規雇用の経験を活かさない、活かせないと考えてしまうことはもったいないです。応募する全ての企業が評価するとは限りませんが、経験に興味を持ってくれる場合はあるので活かせる求人を探しましょう。

未経験者よりもスタートダッシュが可能

フリーターから正社員の仕事を探す際、経験のある業種や職種の企業を目指すことは評価される場合がある他、未経験者よりもスタートダッシュをしやすいメリットがあります。未経験者は基礎から1つ1つ仕事を覚えなければならないのに対し、すでに基礎は身に付けているだけではなく、応用の知識や技術まで身についている場合が考えられます。 戦力として判断されると採用されるチャンスはアップしますし、採用後は同期の先を進めることになるので出世しやすいでしょう。ですから、未経験の仕事に強いこだわりがなく、目指すべき道が決まっていない時や正社員で採用される可能性を高めたい時は、フリーター時代の経験を活かせる企業に応募すべきです。